MENU

脂肪肝とは

お酒が好きな中高年の方に多く見られる脂肪肝について詳しくご紹介します。
脂肪肝を放置しておくと、さらに肝機能が低下して取り返しがつかないことにもなります。
脂肪肝にはどのような症状が見られるのか、また原因や解消方法についても詳しく触れていきますので参考にしてみてください。

 

脂肪肝とは、肝臓に必要以上の中性脂肪が溜まった状態のことです。
食事から摂った脂肪は、小腸で脂肪酸にまで分解されると肝臓に送られます。
空腹時には、脂肪酸がエネルギーとして利用されるのですが、消費されるエネルギーよりも摂取する脂肪酸が増えると肝臓には中性脂肪が蓄積されていきます。
食事からの脂肪分だけでなく、アルコールの飲みすぎでも肝臓に中性脂肪が蓄積されやすくなります。
健康な人の場合には、肝臓には3〜5%ほどの脂肪が含まれていますが、5%以上になると脂肪肝と言われます。
皮下や内臓に中性脂肪が蓄積されると肥満になりますが、肝臓に蓄積されれば脂肪肝になります。
ですから脂肪肝の人は、肥満傾向にあります。

脂肪肝の種類・原因・解決方法

まさに肝臓がフォアグラ状態になっているのが脂肪肝なのですが、脂肪肝には種類があり、アルコール性脂肪肝、または非アルコール性脂肪性肝疾患、他にダイエット脂肪肝に分けることが出来ます。
お酒の飲みすぎや食べすぎ、運動不足により摂取エネルギーよりも必要以上のエネルギーが蓄積されることで起こる、一般的な脂肪肝がアルコール性脂肪肝です。
お酒を飲む習慣がなく、肥満や糖尿病が原因で脂肪肝になるのが、非アルコール性脂肪性肝疾患です。
これはインシュリンの働きの低下が関係するもので、重症化すれば肝硬変や肝臓がんになる恐れもあります。
極端なダイエットでも脂肪肝になります。
パンやご飯などの炭水化物を摂らないダイエットをすると、低栄養性脂肪肝というダイエット脂肪肝になります。
偏ったダイエットにより糖質が極端に制限されてしまうと、肝臓では機能障害を防止するために身体中の脂肪を集めるように働きます。
糖質の摂り過ぎでも脂肪肝になりますが、極端に制限しても身体の防御反応で肝臓に脂肪が蓄積されてしまうのです。
脂肪肝の症状としては、特にこれといった自覚症状がないことが特徴です。
再生能力が高く、ダメージを受けても他の正常な細胞で機能を持ちなおす働きがある肝臓は、かなり病気が悪化しないと痛みなどの症状が現われません。
自覚症状が表れてからでは遅いのが肝臓の病気なので、定期的な検査がとても大切です。
脂肪肝の解消方法は、脂肪肝の種類によって異なりますが、基本的には毎日の食生活や生活習慣の見直しが大切です。
アルコール性脂肪肝の方は、アルコールを控えることやバランスの良い食事、適度な運動を行うことなしに、脂肪肝は解消できません。
中高年に多い脂肪肝の多くは、食べすぎ飲みすぎといった日頃の食生活が大きな原因となっています。
沈黙の臓器と言われる肝臓ですから、何かあってからでは遅いので、お酒や食べることが大好きな方は注意してください。