MENU

脂肪肝を改善する運動

脂肪肝を改善するためには、食事制限などの食生活の見直しと同時に、適度な運動で、身体を動かしていくことも大切です。
また、脂肪肝の要因となっているアルコールを制限したり、睡眠の質なども関わってくるので、併せてご紹介したいと思います。

 

脂肪肝を改善するためには、食生活の見直しだけでは効率的ではありません。
肝細胞にたっぷりと中性脂肪が溜まってしまった脂肪肝は、食事制限が必要不可欠ですが、極端な食事制限は危険ですから、適度な運動なども平行して行い、健康的に体重と中性脂肪を落としていくことが大切です。
体重をただ単に減らしただけでは脂肪肝が改善できるわけではありません。
食生活の改善と適度な運動で体脂肪を落としていくことを目的とします。
脂肪肝の改善で効果的な運動は、有酸素運動です。
ウォーキングや水泳、ランニングなど、たくさんの酸素を取り込みながら行うのが有酸素運動です。
できれば毎日20分以上は有酸素運動を行うのが理想的です。
無理をしない程度のウォーキングやサイクリング、水泳などをコツコツ20分は続けてみてください。
長く続けることが大切なので、無理をしないで楽しみながら行うのがコツです。
脂肪肝を改善するためには、禁酒、または量を制限することも必須です。

運動以外の改善方法まとめ

お酒が大好きな人には辛いことかも知れませんが、アルコールを体内で分解、解毒している肝臓にこれ以上、負担をかけないためには、アルコールの制限は欠かせません。
軽度の脂肪肝であれば、1か月から3か月程度の禁酒を医師から薦められるはずです。
これまでお酒を飲む習慣があった人には、はじめは難しいことかも知れませんが、早い段階であるほどに回復も早いのが脂肪肝ですから頑張っていきましょう。

 

また、食事をするときには腹八分目を心がけると良いでしょう。
毎食のようにカロリー計算をするのは大変ですし、ストレスも溜まりますが、腹八分目を心がけるだけなら気分も楽です。
中高年になれば、基礎代謝もガクンと減ってくるので、お腹いっぱいに食べていたのでは肥満にもなりやすく、中性脂肪もすぐに溜まっていきますから、腹八分目を心がけてみてください。
これだけでかなりお腹周りがすっきりしてくるはずです。

 

十分な睡眠を取ることやストレス発散を上手く行うことも脂肪肝の改善には必要なことです。
睡眠が十分でないとストレスも溜まりやすくなり、これが暴飲暴食につながります。
睡眠不足と肥満の関係は深いことも分かっていますから、寝る前にはパソコンやスマホは使わず、熟睡できる環境を整えるようにしましょう。

 

また、コーヒーが脂肪肝改善に役立つと言われています。
研究でもコーヒーを飲むことで脂肪肝の発生が抑制されたことが分かっています。
しかし、飲みすぎは眠れなくなるなど逆効果にありますから、適度に1日に1杯から2杯程度のコーヒーを楽しむようにしましょう。

 

脂肪肝の改善には、適度な運動や禁酒、腹八分目や睡眠、ストレス発散などを心がけてみてください。
これらのことは全て、健康的な身体作りに直結するものですから、こつこつと楽しみながら続けてみてください。