MENU

脂肪肝を改善する食べ物

中性脂肪やコレステロールが肝細胞に蓄積するのが脂肪肝ですから、これを改善するためには毎日の食事内容を見直していくことが大切です。
脂肪肝を改善する食べ物と悪化させる食べ物、そして改善するためのコツも併せてご紹介しますので参考にしてください。

 

脂肪肝を改善するための食べ物は、まず良質なたんぱく質です。
肉や魚、大豆製品や卵に含まれている良質なたんぱく質は、ダメージを受けた肝細胞の修復、再生のために欠かすことの出来ない材料となります。
また肝細胞の中にある、エネルギー代謝のために必要な酵素もたんぱく質で出来ているので、脂肪肝をはじめとする肝臓の病気の改善には、良質なたんぱく質を摂ることが大切です。
鶏のささみや牛肉や豚肉の赤身など、脂肪分の少ない部位には、良質なたんぱく質が含まれているので積極的に摂りましょう。
各種ビタミン、ミネラルも脂肪肝の改善には欠かせない栄養素です。
良質のたんぱく質を体内で十分に生かすためにはビタミンやミネラルが欠かせません。
ほうれん草やブロッコリー、人参などの色の濃い緑黄色野菜には、ビタミンやミネラルなどが豊富なのでバランス良く食べるのがおすすめです。
また、緑黄色野菜には抗酸化物質も豊富です。
これは、脂肪肝の原因となっている活性酸素の除去に役立ってくれます。
また、海藻やキノコ類、大豆製品に多く含まれている食物繊維も積極的に摂りたい栄養素です。
食物繊維を豊富に摂ることで、肝臓の働きに負担をかける便秘を解消できると同時に、脂肪の吸収の抑えることが期待できます。
食物繊維を多く含む食品をたくさん食べることで、満腹感も得られるので、食べすぎの予防にもなります。
また、オルニチンやタウリンという栄養素も脂肪肝の改善に役立ってくれます。
しじみや牡蠣に豊富に含まれているオルニチンやタウリンはアミノ酸の一種で、肝細胞の再生を助けたり、肝機能の働きをサポートする働きが期待できます。

脂肪肝を悪化させる食べ物

脂肪肝を悪化させる食べ物とは、脂肪や糖質を多く含む食べ物です。
これらの食べ物を摂ることで、中性脂肪やコレステロールが肝臓に蓄積されやすくなります。
具体的に中性脂肪になりやすい食べ物は、動物性の脂肪です。
豚肉や牛肉などの脂身の多い部分やバターやクリームなどの乳製品は要注意です。
砂糖の主成分であるショ糖も、中性脂肪を作り出します。
クリームやバター、砂糖がたっぷりの洋菓子や、砂糖をたくさん使用する和菓子など、菓子類全般は危険です。
適量を心がけ、食べすぎには十分に注意したい食べ物です。

 

脂肪肝を改善するためには、ここで紹介した肝臓に良い食べ物を摂りながら、同時に悪化させる食べ物は控えることが大切です。
食べる時間が夜遅くならないようにしたり、腹八分目にしてゆっくりと味わって食べることも改善するためのコツです。
脂肪肝を改善するためには、食べ物の見直しがとても大切です。
悪化する食べ物が大好きな方も、脂肪肝と食べ物は切っても切れない関係なので、少しずつでも見直していきましょう。