MENU

NASH(非アルコール性脂肪性肝炎)まとめ

脂肪肝や肝炎などの肝臓の病気には、アルコールの大量摂取が関係すると思われていますが、実はアルコールを飲まない人でも脂肪肝や肝炎、重症化すれば、肝硬変や肝臓がんになるケースもあるのです。
アルコールを飲まない人が発症する肝炎のことを、非アルコール性脂肪性肝疾患と呼んでいます。

 

非アルコール性脂肪性肝疾患は、NASHと略されて呼ばれています。
日本にはNASHの推定患者の数は200万人いると言われており、予備軍は1000万人もいると言われています。
NASHの定義は、飲酒の習慣がない人、もしくは1日お酒1合、ビールなら大瓶1本以下しか飲まない人が発症する肝炎のことです。
NASHも脂肪肝と同じように、自覚症状はほとんど見られません。
肝臓はそれだけダメージに強い臓器です。
他の臓器とは違い、再生能力や代謝能力の高い臓器は、少々のダメージでは正常な細胞が余計に働き、その機能を保つことが出来るのです。
非常に頼もしい臓器と言えるのですが、その分、ダメージが大きくなるまで自覚できず、症状が悪化しやすいというデメリットにつながります。
NASHを発症していても、痛みなどの自覚症状が現われることは稀で、何かしらの異常に気付いた時には症状がかなり進行しているケースも多いです。
そのため、中高年になれば特に健康診断などで定期的に検査を受けて肝臓の状態を数値で確認しておくことが大切です。

 

飲酒の習慣がない人が発症するNASHの原因となるのは高カロリーの食事です。
食事から摂った脂肪は、肝臓の中に運ばれて身体のエネルギー源として全身に送られていくのですが、カロリーがオーバーすれば、大量の脂肪が肝臓に運ばれてきて代謝できずに、肝細胞の中に蓄積されていきます。
これが脂肪肝の状態で、この蓄積された脂肪を肝臓はエネルギーとして燃やそうと働きます。
しかし不完全燃焼となり有害な活性酸素が発生し、これが肝細胞を攻撃するようになります。
こうして慢性肝炎の状態になるのですが、これをNASHと呼んでいます。
ダイエットで痩せている女性も、栄養バランスの崩して脂肪肝になり、NASHを発症するケースもあります。
カロリーの高い食事で、肝臓に脂肪が蓄積されてしまうと脂肪肝になります。
脂肪肝が炎症を起こし、NASHを発症します。
NASHが何年も続けば、肝細胞が風船のように膨らんだリ線維化が進行し肝硬変となり、最悪のケースでは肝臓がんに至ります。
NASHを予防、改善するためには、食生活の改善と適度な運動で体重を落としていくことが大切です。
バランスの良い低カロリーの食事や、無理のないウォーキングなどの適度な運動で体重を落としていきましょう。
NASHになると肝臓に鉄が過剰に貯まるので、鉄分を控えるようにします。
また睡眠不足は肥満の原因となるので、しっかりと睡眠もとるようにして、規則正しい生活を送るようにしましょう。
NASHは、肝硬変や肝臓がんにもつながる怖いものですから、早めの対処が大切です。
高カロリーの食事で肥満傾向にある人は要注意ですから、未然に予防するために毎日の食生活を見直していきましょう。