MENU

NAFLD(非アルコール性脂肪性肝疾患)まとめ

お酒を全く飲まない人やあまり飲まない人でも、肝臓の病気にかかることはあります。
アルコール性肝炎やウイルス性肝炎などとは違う、非アルコール性脂肪性肝疾患について、症状や原因、そして改善方法などについても詳しくご紹介しますので参考にしてください。

 

非アルコール性脂肪性肝疾患は、NAFLDと略されて呼ばれています。
アルコールを飲まない人でも肥満や糖尿病などが原因となり脂肪肝になります。
この脂肪肝が長引き重症化すれば、今度は肝硬変や最悪のケースでは肝臓がんになることもあります。
これをNAFLDと呼んでいます。
アルコールを飲まない人、または1日にビールの大瓶1本以下しか飲まない人のことを非アルコール性と定義しています。

 

NAFLDの症状は、発症していても痛みなどの自覚症状がないのが特徴です。
ダメージに強い肝臓は、トラブルがあっても自ら修復、再生していくので、ダメージがかなり大きくなってからでないと、自覚症状として現れることがありません。
お酒を飲む習慣がない人でも、自覚症状がない人でも、NAFLDになる危険性があることを知っておきましょう。
NAFLDは、肥満や糖尿病、脂質異常症や高血圧などの、生活習慣病と大きな関係があります。
これらの生活習慣病を招いているのは高カロリーの食事や運動不足です。
高カロリーの食事により肝臓には脂肪が蓄積されていき、脂肪肝になるのですが、この脂肪肝からは活性酸素が発生するようになります。
これが肝臓の細胞にダメージを与えるようになり、炎症を引き起こします。
この状態がNAFLDと呼ばれています。

 

NAFLDが何年も続けば、肝細胞への負担もさらに大きくなっていきます。
肝細胞の繊維化が進めば、肝硬変肝硬変、さらには肝臓がんへ進行する危険性もあります。
NAFLDを予防するためには、何より健康診断などで定期的に肝臓の検査を行うことが大切です。
肥満や糖尿病、高血圧などと深い関わりがあるNAFLDは、まずはこれらの原因を特定して、それを治療することが基本となります。
治療の効果を上げるためには、何より早期発見が大切で、そのためには肝機能検査が欠かせません。
血液検査で肝細胞内にある酵素濃度を調べることで、肝細胞のダメージを把握できます。
ダメージを受けた肝細胞からは、大量の酵素が血液に流れ込むようになるからです。
NAFLDと診断されたら、または、未然に予防するためにも、食生活の見直しが欠かせません。
高カロリーの食事は肝臓への負担が大きいですから、低カロリーでバランスの良い食事を心がけることが大切です。
また適度な運動で、脂肪の燃焼をアップしていくことも大切です。
1か月に1キロ程度のペースで減量していくのが理想的です。
NAFLDは、毎日の食事、運動などの生活習慣と密接な関係があります。
定期的な検査をしながら、食事や運動などにも気を付けることで、NAFLDを予防、改善していくことが可能です。