MENU

DHCオルニチンの成分と効果・副作用や注意点まとめ

DHCオルニチンは、しじみにたくさん含まれている健康成分、オルニチンが手軽に摂れるサプリメントです。
朝の目覚めすっきりや、お酒のお供にも最適な、DHCオルニチンの成分や効果、さらに副作用について詳しくご紹介したいと思いますので参考にしてみてください。

 

DHCオルニチンは、肝臓サポートで知られるオルニチンがギュッとつまったサプリメントになっています。
オルニチンと言えばしじみで、しじみから抽出されたオルニチンを配合したサプリメントもありますが、DHCオルニチンは、L-オルニチン塩酸塩が1日の摂取目安5粒中に、しじみに換算して2300個分となる1280rが配合されています。
DHCオルニチンは、他の肝臓サポートサプリと比べても驚異的な安さが魅力で、さらに、L-オルニチン塩酸塩と同じアミノ酸の一種である、アルギニンやリジンも同時に配合されています。
L-オルニチン塩酸塩とアルギニン、リジンという3つのアミノ酸が、相乗効果でお互いの働きを高め合い、活力アップに役立ってくれます。
オルニチンは、肝臓の解毒作用の働きをサポートして肝機能の回復に役立ってくれるほか、健康的なダイエットや毎日のすっきりとした元気な生活もサポートしてくれます。
オルニチンは、アミノ酸の一種ですが、他のアミノ酸とは違う働きのある遊離アミノ酸で、体内でたんぱく質に変わることなく、身体中をめぐり必要な場所でそのパワーを発揮しています。
肝機能の働きをサポートしてくれる他、成長ホルモンのサポートや、年齢とともに低下していく代謝もサポートしてくれます。
成長ホルモンの分泌は、育ち盛りの子供だけでなく大人になってからも大切なホルモンです。
成長ホルモンの分泌が促進されることで、代謝アップして健康的なダイエットや美肌、アンチエイジングや、筋力を高める効果も期待できるのです。

 

DHCオルニチンには、このように幅広い目的を期待することが出来るサプリメントなのですが、続けて服用することで副作用などはないのでしょうか。
オルニチンは先ほども紹介したように、アミノ酸の一種でもともと体内にも存在している成分です。
ですから、1日の摂取目安である5粒を守り飲んでいれば、まず副作用が起こることはありません。
しじみ汁などを飲んで、1日のオルニチン摂取量が多くなったとしても、余分なオルニチンは尿などと一緒に排出されるので心配はありません。
妊娠中や授乳中の方で疲労回復を目的に飲みたいという場合には、副作用の心配はないかと思うのですが、念のために医師に相談してみてください。
また、赤ちゃんや子供にも安全な成分ではありますが、誤って飲んだりしないように、手の届かないところに置くよう注意して、食物アレルギーがある方も原材料を念のためにしっかりとチェックしてください。
DHCオルニチンは、二日酔いの予防から健康的なダイエットを目指す方、さらに美肌やアンチエイジングまで幅広い効果が期待できるものなので、摂取目安量を守り正しく賢く活用してください。